アレルギー検査

今はスギ花粉も飛び始め、ついにいやな花粉症の時期になりました。スギ花粉症もスギの花粉に対するアレルギーなのでスギ花粉に対する抗体を調べる事で確定診断に至ります。長年同じ時期に同じような症状が出ている方は希望がない限り検査していませんが、発症して間もない方や、発症時期がスギ花粉に合致していない場合(スギ花粉と思い込んでだけの場合もあります)には検査をお勧めしています。しかしながらこの検査は採血が必要で小学生以下ではなかなか困難な事がありました。やはり血管に針を刺して採血するのは痛みが多く、また暴れて針が抜けたらやり直しなど怖さが伴うのも事実です。当院では指に専用の道具で針を刺し、そこから少しずつ流れる血液を採取しそのまま自院で検査を行い20分後に判定するキットを用いて検査をしています。指にチクッと少し痛みは感じますが、採血の嫌がる幼稚園児、小学生にも容易に検査を行うことができ、しかもその日のうちに結果がわかります。項目はキットな為8項目で固定(スギ、カモガヤ、ヨモギ、ブタクサ、イヌ、ネコ、ダニ、ゴキブリ)ですが、必要十分と思われます。院内にポスターも貼っていますが、興味のある方はご相談ください。