スギ花粉症舌下免疫療法について

舌下免疫療法

5月24日福岡県で開かれた日本耳鼻咽喉科学会総会に引き続き行われた舌下免疫療法講習会へ出席したので、その概要についてコメントいたします。
一部マスコミで報道されたようにこの免疫舌下療法はアレルギー性鼻炎に苦しんでいる患者さんにとって福音になる治療法と言えます。今回はスギ花粉症のみが対象です。

対象となる方はおおまかに
・通常の薬物療法では症状を制御できない患者さん。
・根治を考えている患者さん。
・12才以上で重大な病気にかかっていない方
となります。

一方で、効果に関しては残念ながら100%の患者さんが満足するわけではありません。やはり効果の少ないケースもあるようです。この治療で薬が全くいらなくなるわけではなく、スギ飛散期には内服加療が必要なこともあること、スギ花粉への暴露は避けること(マスクをしたり、メガネをかけたり)また、少なくとも2年(できれば3から5年)は継続する必要があります。毎日お薬を舌の裏(舌下)に垂らして2分保持、その後5分は飲食、うがいを避けること。2時間は激しい運動や入浴は控えること。お薬は1ヶ月に1度受診し処方してもらう必要があります(発売して1年間は2週間に1度受診する必要あり)。やめてすぐに効果がなくなるわけではありませんが、徐々に効果が減少するケースもあります。

以前から行われていた皮下注射をする皮下免疫療法に比べると
・注射じゃないので痛くない。
・ショック(アナフィラキシーショック)をおこしにくい(おこさないわけではありません)。
今のところ薬の価格は決まっておらず、コストを計算できません。

この舌下免疫療法に使用するスギ花粉エキス(シダトレイン)上記のように講習会を受けた医師が、その後にeラーニングというネット上の講習を40分ほど受けた後、確認テストを行い全問正解した医師のみが処方することが可能です。私は昨日ここまでクリアしましたので、薬が販売になれば当院で取り扱うことは可能となります。

以上長々とコメントしましたが、なかなかハードル高いですよね・・・。気になる方は相談にいらしてもらえればさらに詳しいお話しをさせていただきます。