寒暖差アレルギー

寒暖差アレルギー
本日秋田朝日放送の方からプチ取材を受けましたので、簡単に説明したいと思います。
寒暖差アレルギーという言葉は医学的に正しい言葉ではありません。どなたが作られたのかわかりませんが、アレルギーを一般的に解釈してできた言葉と思われます。本来アレルギーは抗原(スギの花粉とかハウスダストとか)と抗体(自分の体で作られるもの)が反応することを指しています。寒冷刺激ではそのような抗原がないのでアレルギーとして成立しません。ただ、この温度刺激によってアレルギーと同じような症状が引き起こされるために寒暖差アレルギーという言葉になったと思われます。そして、この寒暖差アレルギー=血管運動性鼻炎という誤解も広がっているようです。インターネットで調べると寒暖差アレルギー=血管運動性鼻炎として表現されています。これも正しくありません。抜粋しますと

実際には耳鼻科で検査を受けるとより詳しく判明します。
 ということで、私は、自分のアレルゲン(アレルギーの原因)を調べに耳鼻科で検査を行いました。
 すると、医師から意外な答え。
「寒暖差のアレルギーではありません」。
「実は寒暖差アレルギーというのは、医学的には『血管運動性鼻炎』と呼んでいて、アレルゲンを見いだせないものを指すのです。」

アレルゲン(抗原)がない血管運動性鼻炎が寒暖差アレルギーと説明されていますが、特に季節性のスギ花粉ではなく、ハウスダストとかイヌ、ネコの毛など年中症状を引き起こしうる抗原に対するアレルギーがある方は寒暖差によりアレルギー類似の症状を引き起こしうるのです。むしろきちんと調べれば何らかのアレルギーを有していることの方が多いかもしれません。結論から言えば、何らかの抗原があろうと無かろうと温度変化によりアレルギー類似の症状が引き起こされれば寒暖差アレルギーと表現できることになります。治療は特にアレルギー性鼻炎とかわりません。ただ、お薬が効きにくいことが多いので普段から衣類などに注意を払う、気温の変化が激しいときはマスクをするなど心がけた方ががよいでしょう。

Tagged on: ,