秋の花粉症 今年は雑草が元気?

秋の雑草と言えばヨモギブタクサが主な物ですが、イネ科の雑草も原因となっている可能性があるそうです。今年は夏が大変暑かったためか、花粉症で数年ぶりに受診された患者さんが多くなっております。又、この時期ハウスダスト・ダニによる通年性と呼ばれるアレルギーを持っている方も調子が悪くなります。通年性のアレルゲン(アレルギーの原因物質)は常に鼻粘膜に炎症を起こしており、量的に少ないとあまり症状を呈しませんが、朝晩の気温差が引き金となりまるで花粉症のような症状を引き起こすので注意が必要です。寒暖差アレルギーと言う言葉も見受けられますが、これのほとんどが通年性アレルギー性鼻炎になっている方と推察されます。やはりアレルギー性鼻炎が疑われる時は原因検索することでその予防方法が変わってきますので、精査は有効と考えております。

現在抗アレルギー剤と呼ばれるお薬は様々な物があり、今年は湿布のように肌に貼ることでお薬が体内に入っていく外用剤も出来てきました。この外用剤のメリットは何と言っても血中濃度が一定に保たれることです。今使用しているお薬に不満がある方、一度ご相談下さい。そして何度もご紹介していますが、アレルゲン免疫療法(スギ花粉、ダニアレルギーの2種類限定)も中学生以上から小学生以上に対象が降りてきていますので今まで年齢制限で出来なかった方も可能となりました。年中お薬を手放せないような方にお勧めしてます。現在小学生は1名、トータル11名の方のダニ免疫療法を行っています。まだ最低期間の3年を経過してませんが、経過はいいようです。