耳閉感と低音障害型感音難聴

耳閉感とは、まさに耳がふさがった状態の様に感じることを指します。

実際に何かが入って、塞がっていることもあります。
耳垢だったり、綿棒の先だったり、あるいは中耳炎で鼓膜の内側の中耳腔に液体が貯留していても、同様に耳閉感を感じます。

しかし、耳の穴に何もなく、鼓膜も正常でも耳閉感を感じることがあります。
低音域、周波数で言うと125Hz、250Hz、500Hzといった、比較的周波数の低い音が聞こえなくなると耳閉感を感じます。

低音障害型難聴と呼ばれる疾患で、近年話題となってきました。
詳しい病態は不明なのですが、割と治りやすいのが特徴です。ただしめまいを伴うもの、繰り返し難聴を来すものはメニエール病や他の疾患かもしれませんので要注意です。

病院を受診する目安として「一晩たって軽快してなければ受診してくださいと」お話ししています。
本当に聴力が低下している場合は、早く治療すれば治る場合が多いからです。
躊躇せず受診してください。

Last Updated on 2023年8月25日 by Dr.Fujita

Follow me!